お役立ち!TESOL留学ノウハウ集

TESOLの為の留学先を比較したいなら

英語教師を目指すだけではなく、英語を的確に学べる場所を探した場合、海外への留学が一番の近道となります。どの国に出かければ希望通りの学習が可能となるのか、学習効率を高めるためにはどんなスクールに通ったらいいのか、比較することが必要です。

当サイトではTESOLを的確に学べるスクール探しに役立つ情報をご紹介しています。予算やスクールごとの特徴から、具体的に留学先を比較しやすくなっているため、はじめての人でも希望通りのスクールを探せるでしょう。

英語教師になりたい人だけではなく、短期間での英語語学力を高めたい人や、海外で主流となる英語教育を受けたい人に向いているスクールを紹介しています。将来のことを考えて、最適なスクール探しをしたい人、海外で本格的に語彙力を高めたい人、将来英語教師として国際的に活動をしたい人にも最適な学習ができるスクールばかりです。

New York English Academy

New York English Academyでは、母国語が英語ではない生徒たちへ英語を教える資格、TESOLのプログラムが提供されています。TESOLの正式な資格カードを取得できるため、現職の英語教師をはじめ、いずれは英語を教える職業に就きたいという人たちから選ばれています。

ゆったりと学習できることから学生にも適した「4週間完成コース」、多忙な教職員に対応した「2週間完成短期集中受講コース」など、New York English Academyでは、複数のTESOLプログラムが用意されています。

そのほか、留学初日からバックアップしてくれるため、留学が初チャレンジとなる人からも、New York English Academyが選ばれています。このアカデミーでは入国の初日サポートが準備されており、空港まで日本人のスタッフが迎えに来てくれ、学校への道順も公共機関を実際に使って案内してくれます。その際に現地での留意点をはじめ、地下鉄やバスの乗車方法など、各種アドバイスを受けられるようになっています。

シェーン英会話

最近は英会話教室が充実しています。駅前留学といわれるように、会社帰りに立ち寄るなど便利な教室が増えてきています。その中でもお勧めしたいのがシェーン英会話です。最近注目されているTESOL試験対策の講義も用意してくれています。

この英会話教室の特徴は、ネイティブの講師がたくさんいることです。本場の発音に日常的に触れることで英語力を飛躍的に向上させられます。また、スクールカウンセラーの存在が大きいです。学習以外の面でも気軽になんでも相談ができます。

さらに、長い期間利用できる制度が充実しています。急な引っ越しの場合でも引っ越し先に教室があれば転校のシステムを利用して学習を続けられますし、休んだ日の代わりに授業が受けられる振替制度もあります。

留学パスウェイ

TESOLの資格を取りたい場合は海外で取得する必要がありますが、留学パスウェイは様々なプランがあり自分に合った留学方法を選ぶことが可能です。ニューヨークやフロリダなど地域もいろいろで、自分の英語のランクによっても選べます。

留学についての知識がなくても、無料カウンセリングができるので初歩的なことから相談できます。留学説明会や対面でのカウンセリングの他、遠方の人は電話やスカイプが利用でき、家族や友人と一緒に受けられるので安心です。

留学を決めた後も、出発までのスケジュールについて相談できます。現地の学校への出願時にサポートが受けられる他、入学手続きや滞在先の手配も代行可能で、さらに現地でもサポート体制が整っているので安心して滞在できます。

留学コンシェルジュ beo

留学を考えているのであれば、まずどこに留学をするのか考える必要があります。目的に合うエリアを選択する必要があるので、よく調べておくことも大切です。留学コンシェルジュ beoはTESOLに対応をしているので教育課程を選びたい場合には利用しやすいです。

カリキュラムも豊富なので、しっかりと英語教育に関する知識を得ることができるようになっています。オーストラリアの英語教授法なので、文化にも触れながら勉強をすることができる、というシステムが整っています。

費用に関する不安も事前に相談をすることによって解消をさせることができます。ウェブサイトでは学校視察レポートも掲載しているのでどんな雰囲気なのかを事前にチェックできます。

留学ワールド

語学力があり英語が理解できる人は、留学ワールドで学べば英語教師になることも可能です。国際化が進む日本でも、幼いときから英語を学んだり、大人になって学びなおしたい人は多いので、とてもニーズのある分野です。

きちんとした知識を持つTESOLになるには、海外の文化も学び英語を教えることが必要です。イギリスやカナダなどに留学できる留学ワールドなら、ダイレクトに海外を体感できますし、カルチャーも理解することが可能です。

海外で英語をしっかり学び帰国すれば、英語教師としての自信が持てる留学ワールドなら、楽しく学ぶことができます。生徒から信頼される教師になっていれば、自然と活躍の場が広がります。

オーストラリア留学センター

オーストラリア留学センターは様々なコースを紹介し、留学先と入学時期や基準以外に学費や期間などを紹介しています。参加する時は入学基準を満たしていることが求められ、TESOLを学ぶ前に基礎的な知識を付けてから申し込むことが必要です。

サイト上でTESOLに関する情報を紹介し、目的に応じて最適な学び方を決めるきっかけになります。学ぶ時は高い英語力が必要なため、語学学校で基礎英語力を身に付けてからコースに進むように考えることが大事です。

TESOLを学ぶ方法を探せて、大学や大学院のほか休学留学や認定留学にも対応しています。学ぶ方法の決め方は人それぞれですが現地に行くと本格的な知識を付けやすく、今後の人生につながるよう目標に合わせて決めると効果的です。

TESOLのメリットや留学について

現在世界的にも共通な言語として話せることが当たり前と考えている人も多いのが、映画です。そんな英語が母国語ではない人に対して、英語を教える時に役立つ資格の一つとして考えられているのがTESOLです。留学生や移民として英語圏に来た人に対して英語を教えるための資格と考えておいても、問題はありません。ただ単に言葉を学ぶだけではなく、英語圏で暮らす生徒の気持ちを理解することも学ぶというのも大きな特徴です。TESOLの資格を持つことにより、英語を教える職に就きたいと考えた時に有利になるケースが多いということから、近年では学ぶ人が増えています。世界各国でTESOL留学も行われており、日本国内だけではなく世界的に通用する資格の一つと考えておいても良いのではないでしょうか。

TESOLの有資格者といっても、コースにより習得方法はそれぞれ異なり難易度も変わるので気をつけなくてはなりません。TESOLの資格を持っていても様々な種類があり、必要性のあるものを選ぶと同時にどのレベルならきちんと身につけることができるのかも、考えて留学先を選ぶようにするべきです。注意しておかなくてはならない点の一つとして頭に置いておかなくてはならないのが、TESOLを持っていれば英語講師として優れていると判断されるわけではないということです。TESOLがなければ教える立場になることができないというわけでは決してありませんが、中にはTESOL資格保有者のみ応募資格がある求人もあるので、一つの目安として取得しておくと役立つということは確かではないでしょうか。

英語教師や英会話学校講師、個人レッスンなど英語を教える立場として様々な分野に活かすことができます。英語講師としての質を証明する時に役立つことができ、信用におけるとみなしてもらうための基準にもなります。リスニングやスピーキング、ライティングなどを始めとした様々な分野の教授法を学ぶのはもちろんのこと、英語力もバランスよく伸ばしていくことを目的としています。ただ単に勉強していくだけではなく、コミュニケーションを重視した英語教授法を学べるというのもTESOLの特徴ではないでしょうか。TESOL留学を考える時には、どのようなレベルを学びたいのかで留学先やコースを選ぶのは勿論のこと、現在の自分のレベルを理解して無理なくついていくことができて留学期間でしっかり学べるのかを考え選ぶべきです。

カテゴリー