医局に所属するということ

医局に関する知識

担当医

医学博士取得と医局所属について

医師として独りで診療することが許されるには、医師国家試験合格から2年間の初期臨床研修を経る必要があります。初期臨床研修医を終了すると、自身が所属する専門分野を決定し医局に所属します。医学博士の取得も同時に行う医師も多く、医師としての業務に従事しながら、医学の勉強を続ける方が多数おります。厚生労働省主導で、医学会の仕組みの再構成を行っており、専門医制度が開始されました。医局に所属しながら医学博士を取得する必要性が高まるので、興味のある方は早めに取得されることを推奨します。

医局と医学博士の関係

医学博士と医局について説明します。医学博士になるには学術研究などで貢献しなければなりません。医学の進歩のために成果を出し認められることが必要です。医学博士とは学術的に認められた人のことです。つまり病気の治療法を発見することや未知の病原菌を解明することなどです。病気の解明のための先駆者でもあります。医局とは病院において患者を治療する専門機関です。難病の患者も多くいます。新しい治療法や新薬開発など医療技術を必要としています。病気の最前線です。

↑PAGE TOP