医師の幅広い知識や経験

医師になるために

担当医

医師免許は国家試験の合格が必要

医師になるためには国家試験を受け、それに合格後に免許を与えられて初めて医者を名のれます。この受験資格には、大学の医学部を正規の過程で修得し卒業したものが前庭となってくるため受験できるものは限られてきます。しかしこれらの過程を経て医師になるには、莫大な知識や研修医としての経験も国家試験の受験資格に含まれてくるため幅広い知識や経験が必要です。国家資格があることで、医者にかかるときの安心感が違ってきます。

医師の国家試験は難しいのか

医師になるためには、大学に通い実習をして国家試験に臨みます。この国家試験の合格率は毎年、89%から90%程度となっており、高い確率の合格率を保っています。それは、落とすことを目的とした国試ではないからでしょう。これまでの勉強した知識と技術をどの程度取得できたかを確認するためのものなのです。医師になるためには、必ず合格をしなければなりません。現在は国試のための予備校もあり、合格に向けサポートする体制も整ってきています。

↑PAGE TOP