医師になるための制度

医師に必要な学力

担当医

医師になるには医学部を卒業

医師になるには、6年生の大学医学部、あるいは医科大学を卒業しなければなりません。ところがこの10数年の間、国内では医学部以外の学部を卒業した人が医学部を受けることができる学士編入試験があります。この試験は、社会人を経験した人が多く、あらゆる学部からの受験生が多いです。アメリカではメディカルスクールと呼ばれる学校を卒業した人だけが医者になれます。このスクールとは、一旦4年制を卒業してから4年間医学を学ぶ学校のことです。日本とはまったく違った制度ですが、日本での学士編入学制度は、まさにアメリカのこのメディカルスクールをまねたものです。国内では医学部に入学するのは至難の業ですが、医師という生命の倫理を学ぶためには、それだけの学力が必要であると言っても過言ではないのです。お金や地位などにとらわれることなく、人のために一生懸命がんばりたい、命を救いたいという考えをもった人が医学を学んでほしいのです。

資格と大学に関して学ぶ

将来医師になるには、原則として、専門の大学を卒業することが必要です。どの学校を選ぶかについては、通学のしやすさや授業料、あるいは、入学試験の難しさなどから、自分に合ったところを選択すればよいのですが、それ以外にも、それぞれの大学ごとに異なる特徴があります。総合的な医師の専門の学校では、医学の基本的な知識を学びながら、外科や内科などの、それぞれの専門分野に集中することになるのですが、学校によって、具体的なそれぞれの得意分野に違いがあるのです。これは、学校で勉強する上での違いにもなるのですが、資格を取ってから仕事に就くというときに、学校と病院などの医療機関とのつながりに偏りが影響する場合があります。このような偏りによっては、将来的な自分のコースに関して、有利不利が生まれることがあります。そこで、学校を決める際には、このような得意分野の違いについても、しっかりと把握しておくことが必要になるのです。

↑PAGE TOP