医師の法律に関して知る

医師免許について

担当医

医療行為には医師免許が必要です

日本で医師とは国家資格であり、大学で医学を修得し国家試験に合格後に医籍登録を行ったものに免許が与えられます。また法律上はすべての診療科における診療を行うことができるとありますが、現在では専門化や細分化の傾向が強くなり医療の質も上がっています。日本では法律により「何人も医師でなければ、医業をなしてはならない。」とされており、免許の交付によりこれを明確にし診察を受けるものに安心して受診してもらえるようになっています。

医師免許は一生ものか

医師の免許は一度取ったら一生続くのでしょうか。国家資格は一生続きますが、自分のステップアップや特定分野で得た認定医の免許については、更新が必要になります。多くの認定医になるために、一定の経験とこれまでの実績が必要です。一度資格を得た後でも、一定の研修や実績を積んだうえで、5年ごとの更新が義務付けられます。資格を維持していくために医師は、日々勉強する必要がありますし、実績を積むための努力も必要になります。

↑PAGE TOP