医師が心掛ける事とは

患者から好かれる医師

担当医

医師の性格は人によってまちまち

医師の性格といえば、気性があらい、威張りたがっている、高級感あるれる服装を好む、などといったお金や地位の印象が大きくかかっているようです。このような性格は一昔前までです。今現在でも上記のような感じでしたら、患者さんはほとんど寄ってこない可能性が高いです。今は、とにかく親切で、ゆっくり丁寧に話してくれて、笑顔が絶えないといったプラス志向です。もちろん三拍子そろったこんな医師は数少ないかもしれませんが、それでも今は常に患者さんの立場に立つことが重要視されています。そのような意識を持っていると、不思議なことに患者さんは少しずつ寄ってきます。自分を根底から変えることはまず不可能ですが、どんな年代でも上記のような意識を持つことで、人から頼りにされていきます。そのためには自分肯定を高めるようにしましょう。自分に自信を持って、自分が自分を助ける気持ちを持ち続けることが一番です。自分をとにかく信じましょう。

担当医の性格を知っておく必要

医師として働いている人たちにも、いろいろな性格の持ち主がいます。病気を治していくうえにおいて自分自身ができることに、コミュニケーションづくりに努めることはとても重要なことであります。そのことは、病気の回復を早めるためにも行う必要のあることですので覚えておきたい事項です。コミュニケーションがうまく取れていませんと、患者の立場からすれば医師に相談をしたい内容のことも遠慮してなかなか聞けないものです。そうなりますと治療もスムーズに行えないということに繋がりますから、コミュニケーションづくりに努めることはとても大切であると言えます。そのとき覚えておきたいのが、お世話になる先生の性格をよく理解しておくことです。こだわりを持つ先生になりますと、固定観念が強い傾向にありますから患者の態度にも厳しいことを言う時があるのです。その関係をうまく行っていこうと思えば、その指示に従っていくのが治療を円滑にする秘訣であります。

↑PAGE TOP