医師が海外で学び働く方法

海外で活躍する医師

担当医

海外で医師が働くには

医師が海外で働くのを希望した場合、原則的に働きたい国での免許が必要となります。免許の取得方法はいくつかあり、1つは日本で免許を取得してから、現地で臨床研修と試験を改めて受ける方法です。すでに免許を有している場合、臨床研修が免許取得の近道です。この方法のメリットは、就労扱いとなるため、すぐに医療現場の第一線に身を置くことができます。通常よりも安いながら、給与も支払われるケースが多く、金銭を得られるメリットもあります。

医師が海外留学する場合の注意点

海外留学によって医師が基礎研究のスキルを上げるという方法があります。行き先はアメリカやイギリス、フランスなどに数ヶ月から長い時では数年間行く場合もあるようです。気をつけなければいけないのは留学をし勉強しに行くという形なので、費用は自費になることがほとんどだということです。大学院の学生だったり医局員の身分で行くことも多く、奨学金が出ることもありますが、あまり期待はできないのでしっかり貯金をしておくことが成功するための秘訣だといえるでしょう。

↑PAGE TOP